新居先に持っていけない家具はどうするのが良い。

引越しといってもいろいろなパターンがあるのですが、例えば、転勤などによって転居先が会社の社宅であるような場合には、その間取りの制約から、転居前の家で使っていた家財道具類が全部運び込めない、といったことになってしまう場合もあるわけです。

 

というのも、転居先が会社の社宅と決められているような場合には、自分で必要な間取りを確保できる住居を選択することができないために、そのスペースが足らずに、今まで使っていた家財道具類が全部そこに収まらない、また場合によっては、間取りの広い関西から間取りの狭い関東への転居であるような場合に、新居の間取りサイズの狭さから、今まで使っていた冷蔵庫や箪笥などが入らない、ということさえもあり得るのです。

 

 

この新居に入りきらない家財道具は、思い切って処分してしまうか、次の転勤の時まで、貸し倉庫などを借りて一時保管しておく、といった方法が挙げられます。

 

しかし、トランクルームは家具を預けるとなると月額の料金がかさみますのであまりお勧めの方法とは言えません。
(1,2か月だけの保管ならまだ検討の余地はあります。)

 

 

引っ越し業者でも家具保管サービスは提供されますが、1か月間と期間が限定されています。

 

 

処分できない家具を長期的に預けるのであれば、現実的に考えても実家や知人宅にお願いしてみるしかありません。

もし引越しではなく家の建て替えとかであれば、リフォーム業者が手配してくれるということもあるのですが。