究極に引越し料金を安くするには

究極に引越し料金を安くする方法です。

まず第一に引越し料金は業者によって倍近く変わることがあります。
なので、見積もりは3社以上は取って比較することが肝心です。

ここまでは当たり前のことを書いていますがここからが重要。
訪問見積もりは必須なので、必ず受けるようにして下さい。

この時の見積もりで料金を言い渡されますが、最初の額は高めに設定されています。
「あなたのとこは高いので他の業者でも見積もりを取ってみます。」と伝えれば、値段を下げて即決価格で契約を求められます。
その即決価格より下げるには、さらに
「あなたの空いている日に引越し日を合わせたらいくらになるか?」と尋ねます。
業者の暇な日なら、業者側は安い料金でも契約を取りたいのでさらに安くなります。
その値段より安くするなら、さらに
「混載便でもコンテナ便でも良い(専用トラックを貸し切らなくても良い)。安くなる輸送方法は無いか?」と伝えます。
ここで出された額が、その業者が出す最安値の料金です。
その料金を見積もりに書いてもらい、次の業者へと進みます。
次の業者では、前の業者の料金を見せ
「この額より安くしてくれるなら、考えてみます」
と伝えます。
最安値の額同士で比較して、業者を決めてしまいましょう。
訪問見積もりでは即決を求められますが、その額より安い価格をこちらから言い渡して
「この額まで下げてくれるなら、今、決めます。」
と伝えます。

決まったら、他業者への断りの連絡を入れてもらうように念を押します。
(連絡を自分で入れるのは気まずいでしょうし。)

また、見積もり時ではあなたの会社に決めるとは決して言わないでください。
とりあえず考えると云う風にしておかないと、営業スタッフも毎月のノルマがあるので取れる事を期待してしまいます。

あまり安くなると不安になる方もいらっしゃるかもしれませんが、
見積もりに来る人と作業に来る人は違うので気にしなくても問題ありません。

料金を安くするにはこちらのサイトが参考になります。
引越しが安いのは?

相場が無いことは分かっている事と、最初の提示額は高く設定されている事と、比較すると伝えれば下がっていくことを忘れないでください!
以上、究極に引越し料金を安くするにはでした。

コメントを残す

Your email address will not be published. *
You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>